FC2ブログ

不足語彙の発見と変換

一人しゃべりを続けているが、今の自分の英語のレベルでは、考えているころがすらすら英語で言えるものではない。
数年続けている英語の練習は入門レベルを越え、実用レベルに入っているからだ。
テキストの例文を覚えてそれを思い出しながら口に出す段階を入門レベルとする。
一人しゃべりは英語で考えそれを口に出すのだから、まる覚えでは役に立たないことに気が付く。

一人しゃべりが下手なのは、自分の考えることを英語で表現出来るだけの語彙を持っていないからだ。
様々なテキストを使っているが、自分の考えることとテキストの内容にズレがあって、テキストが丸々有効とは言えない。
語彙を増やそうとして使いそうな英文を書き出していた時期もあったが、数回見ないうちに飽きてしまい、メモはたまっても記憶にはたまらない。

そこで思い付いたのだが、ともかく自分で考えていること、言いたいことを一人しゃべり英語で言う。英語の表現が分からないところは日本語で言っておく。
これを思い出しながら書き出す。日本語で言った部分は日本語で書く。この日本語の部分が「不足語彙」だ。
その次に辞書を使って確認する。この時日本語で言った部分を英語に直す。
こうすれば自分の「不足語彙」は明確になり、辞書で調べて補足され、「不足語彙」が自分の使える英語に変換される。
何度も同じ「不足語彙」は出てくれば、自分に取って必要な語彙であって、自然と自分の使える英語になっていく。
fusokugoi1.gif
スポンサーサイト



自分が使う英語をインプット

外国語を取得する時、越えなければならない壁があるようだ。
その壁を越えると流暢(りゅちょう)に話せるようになるようだ。
その点は、サイレントピリオドと呼ばれている。
 ・幼児がある時から、よく話すようになる
 ・話せなかった人が、ある時点からすらすら話せるようになる

このほか自分の体験では、サイレントピリオドは外国語の取得以外にもあると思う。
 ・あるミーティングで沈黙し続けていた人が、ある時点から多弁になる
 ・あるサークルの新人が、ある時点からよく話すようになる

前者の例では、自分の持っている外国語の知識や語彙が少なくて口に出て来ないわけだ。
時間を掛けて外国語を習得しても話せないのは、話す方法を取得していない場合もある。
例えば日本で学ぶ受験向けの英文法をどれだけ勉強しても会話に使える英語は口からでてこない。
後者の例では、自分の持っているミーティングやサークルの知識や語彙が少なくて口に出て来ないわけだ。

それなら、知識や語彙をたっぷりインプットすれば流暢に英語が話せるようになるかというと、それだけではなさそうだ。
自分の話したいことを、
「日本語で考えて」→「英語に翻訳して」→「文法をチェックして」→「発音に注意して」→「英語を口に出す」
こんな過程を通していては、流暢に英語が話せるわけもないことは明らかだろう。

ではどうするのか?
自分の話したいことを、
「英語で考えて」→「英語を口に出す」
のだ。
だから、サイレントピリオドを越える方法は、英語で考える練習を積むことだ。

英語で考えるとはどう言うことか?
誰でもいつでも黙っていても、何かしら日本語があたまの中を巡っていると思う。
この日本語が巡っているところを英語で巡らせるのだ。
なので、英語を練習する時、自分が使いそうな英語をインプットするよう勤めることだ。

英語脳の「核」

我流英語脳の拡大化の方法を図式化していきたいと思っている。


英語脳の「核」を整理すると、

 0.日本語を仲介しないで英語で考える

 1.耳で聞く

 2.口に話す

 3.目で読む

 4.手で書く

に、分けられる。

働きは、

 1.英語を耳で聞いて、英語で考える

 2.英語で考えて、英語を口に話す

 3.目で読んで、英語で考える

 4.英語で考えて、手で書く

である。


すなわち、「英語で考える」が「核」だ。
eogonou1.gif

現在の英語脳は、自分の脳の片隅に形成されたところだ。
ブルーの枠が英語脳で英語で考える核は赤枠だ。
まだ小さくて見えずらい。
eigonou2.gif

           ↓


数年後の英語脳は、輪郭がはっきりしてきて英語脳の核の拡大化が見られる。
eigonou3.gif
           ↓


80の時の英語脳は、自分の脳全体の9分の1にまで拡大化される。
これが「80で流暢に英語を話す」の姿だ。
My dorem is to speak English when I am 80.
プロフィール

tatsuo

Author:tatsuo
70から英会話の練習を始め、80で流暢に英語を話すことを目指しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR